ブログ

軽症うつ病

軽症うつ病@ぷぅすけ

軽症うつ病とは、以前述べた内因性うつ病の中に「軽症うつ病」というのがあります。
原因不明の体調不良がずっと続くというものです。ニートやひきこもりの間で多くみられます。

今回の目次

  • 精神症状があまりない
  • 軽症うつ病の特徴
  • ひどくなる場合がある

精神症状があまりない

頭痛・肩こりが長期間続く
慢性疲労や、不眠、慢性的な眠気

などの身体症状が表れ、精神症状では

「なんとなく、やる気がでない」

という程度なので、うつ病だと気が付かないケースがあります。

症状が分かりにくいので、治療につながりにくく、内科を受診しても診断がつかず、適切な治療がなされないという問題を抱えています。

内科を受診しても診断がつかない

というのが、ポイントになります。

なんとか普通に日常生活が送れていて、会社等にも通えるレベルなので、
病気ということに気が付かない人が多いです。
自分を責める「自責感」や悪いと思う「罪悪感」に苦しむ人も多く、辛い日々を送っている人達もいます。

早期発見につながりにくいので、
ここに特徴をまとめます。

軽症うつ病の特徴

  1. うつ病の自覚症状がまったくないこともある
  2. 会話や表情、態度では、抑うつ症状は目立たず、周囲も気づかない
  3. 食欲が極端に落ちることもなく、体重増減も少ない
  4. 自殺傾向があまりない
  5. 肩こり・片頭痛・イライラ・不眠などに悩んでいることが多い
  6. 物事への関心は落ちているものの、趣味や人付き合いなど、無理すればできる
  7. 気力や根気がなく、元気がないが、日常の仕事や社会生活はなんとかなる

軽症うつ病は、日常生活にそれほど支障をきたすものではなく、
苦しみを抱えてる本人も「これくらいは、みんなが体験している」と思っています。

ひどくなる場合がある

時間の経過で、回復する正常範囲のうつと、症状が進行する重症のうつ病に推移していく過程は
個人差があり、いつ急激に変化するかもわからないボーダーラインです。

そのため、どんな小さなストレスでも、日ごろから意識して、心と身体を休ませておき
リラックスする時間を持つことが非常に大切です。
規則正しい生活を送り、食事にも気を配ること
日々の暮らしの中に楽しみを見つけることも、大切です。

日々の中のストレスが要因となって起こる「軽症うつ病」は
抗うつ剤が効きやすいと言われており、適切な治療によってかなり症状が回復することも
しられています。
もしも、体調不良やストレス状態が長く続き、回復しないようであれば、
早めに心療内科や精神科を受診して、生活環境を整えるよう努力してみましょう。

典型的な症状を持つ中等度以上のレベルのうつ病者でさえ、
専門の医療機関を受診して治療に結びつくケースは10%前後と推測されています。
軽症うつ病は、更にその水面下に多く存在すると考えられており、
実際にはうつ病の種類の中で、最も多いと予想されます。

身体のだるさ、やる気がしない等の症状が見られる場合には、軽症うつ病を疑ってみてください。
社会現象になっている。ニートやひきこもりの中にも、この症状を抱える人が少なくありません。

原因不明の体調不良や抑うつ感を感じたら、すぐ受診!

オススメ記事

  1. うつ病と副業

    2020.02.4

  2. ぷぅすけ@うつ病アドバイザー
  3. ぷぅすけ@うつ病アドバイザー
  4. ぷぅすけ
    女性とうつ病

    2019.10.26

  5. うつ病と性格@ぷぅすけ
PAGE TOP